大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

骨盤と子宮〜温めと巡り

アロマ&ウーマンズケアスクール&サロンSOLMA

ジャパニーズビューティスタイリスト協会のTOMOKOです。

(名乗ってみた)

 

最近ふと思ったことは、

世の中には「温活!」っていうフレーズが満ちているな〜

ということ。

温活ブームです、なぜなら日本女子は冷えているから。

冷えは精神的なところからもやってくるのをご存知ですか?

ストレスとがんばらないと!という緊張が続きやすいのが

日本の社会・・・かもしれないな〜。

どうしても「こうしなくちゃ、」「こうでなくては」という

思考に慣れているにっぽん女子たちはそういう意味で

停滞ぎみになって、固まっちゃっうのです。

で巡りが悪くなって冷えていく〜〜〜。

 

少しずつ世界も変わり、もっと自由に軽やかになる時代

にはなってきたので期待!

 

現状は、というと、皆さんいろいろな温活アイテム

駆使して、あたためるを実践中ですね。

外から保温習慣はとっても大事!!

 

冷やさない食べ物、よもぎ蒸し、カイロ、湯たんぽ、

布ナプキン、下着をシルクとかに、

鼠蹊部を締め付けないようにするフンパン(ふんどしパンツ)、

などなど・・・・・・

これらは外からの「守り」

でライフスタイル、習慣ですね。

 

そこに内側から動かすことで、体内を活性化して、

血流を上げて、巡らせて自分で熱を作り出し

カラダの芯からアタタメルことで

根本的に冷えないカラダにしましょう。

 

<骨盤>

骨盤の歪みがとれて、バランスされると

骨盤内でムギュー、と引っ張られたり、_・・が戻り、

(ホースがどこかでグリっとなってるイメージね)

血流や体液の流れが改善すると〜〜〜〜

おなかの中心から全身に血が回りだします。

↑インターネットよりお借りしました。

 

骨盤の位置が変わるのをきっかけに、

からだの全体のバランスも変わってくるので

鼠蹊部や骨盤自体の動きもスムーズになります。

 

<子宮を温活>

骨盤の位置がバランスされるのも関係しますが、

子宮がその方のあるべき位置にある、

というのは実はとっても大切です。

 

地球には重力があって、

私たちも加齢とともに、そして筋肉や組織が衰えることで

内臓も皮膚も全部下に下がってきます。

となると、

下腹部に子宮(骨盤内の臓器も)が溜まってくる下垂

になり、これまた血流が滞り、それによって臓器も

冷えてきます。

なので、子宮インナービューティセラピーで位置とカタチを

整える。そして自分でもセルフケアとしてからだを動かす

というのは根本的な解決法になります。

 

子宮に語りかけて、ケアをしてあげる、

自分の内側から変化していくと、最後にはアイテムなしで

あったかい女子になれるのではないかな〜、と思ったり。

 

子宮や骨盤をトトノエル、

という技術力をもった温めと巡りの専門家「子宮セラピスト」

の輪が全国に広がれば嬉しい限りです。

 

2月からセラピスト養成コース開講の予定です。

Thank you for reading our blog.

 

Follow us ♪♪ SOLMA  インスタグラム公式LINE

Follow us ♪♪Japanese Beauty Stylist協会インスタグラム

●見逃さない〜月2回お届けイベントクラス情報・アロマや子宮の豆知識・限定オイル販売、キャンペーン情報 公式LINE にぜひご登録ください

●只今募集中のクラス・イベント・ワークショップはコチラ♪

●アロマの小冊子Amazon Kindleより販売中!
二十四節気七十二候 ジャパニーズ美アロマ: 季節のことばと 日本の一年アロマ
●神戸六甲の感覚アロマスクール・女性からだケアサロン・子宮インナービューティセラピスト養成スクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

記事一覧