大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

日本人の清潔さはココカラ?

今日は「養生アロマ・夏&土用」の対面クラスでした。

私は久しぶりの対面クラス担当で

なんだか楽しくて大興奮してしまいました。

陰陽五行を元にしたこの季節の身体の変化や、

心の特徴とそれらをサポートできるアロマオイル、

この季節の氣を取り入れる食べ物、

経絡(夏なら心・小腸系)をストーンでケアすることまで

4時間のクラスの中で行います。

自分で自分の体調をチェックしてケアができるように、

そこにアロマがどんな風に助けてくれるか、、そんなことを学びます。

 

今日昔の雑誌を引っ張り出してきて、

きっとコロナ前のものだけど、

なるほど〜〜〜〜、

そうかも!!と なんだかものすごく清らかに

納得した記事があったのでシェア。

(切り取ってゆっくり読もうと置いていました)

 

身体から服、便座にいたるまで、除菌グッズ花盛りですよ

ね〜。 からはじまり、

潔癖症的に清潔さを重視する日本人の性向には

浄め、祓い、穢れをのぞき、明く清くあろうとする、

神道の感覚が根強く影響しているのだろうか。

神饌を捧げる際に使われてきたシミひとつない白木の三方や折敷の、

身の引き締まるような清浄さは、そのもっとも

うつくしい具現のように思われる。

と。

 

この部分を読んで、

なんでまたこんなにもアルコール消毒も惜しみなく、

なにもかもぴっちり、きれい好きで、

私たち日本人の何がそうさせるんだろう、と

ずっと思っていたけど

 

緻密な美しい工芸品や日本料理などを観ていると

このピシッと感

こういうところにつながるな〜〜、と思ったのです。

↑このピシッと感たるや。

 

もともとは、浄めたり、祓ったり、

神仏やすべての目に見えないことまで含めて

礼をもって一点の曇りなく透き通るような自分であることが

凛とした佇まいをつくり、

五感を研ぎ澄ませ、感覚をするどく

微細なものまでキャッチして、誇り高く在る

ということにつながっているのか・・・・・

 

と想像したのです。

そんなバックグラウンドがあるからできること、

逆にそんなバックグラウンドによってバランスがとれなくなること

があるよな〜。

 

今の時代は左脳と右脳のどちらものバランスをとることが

必要なように、ファジーさをもっておきたいものだ、

と思ったのです。

バランス感も感性です。

エッセンシャルオイルという強い味方の力を借りて

養っていきましょう。

 

おごらず、人と比べず、面白がって生きればいい。

by 樹木希林。 私の好きなことば。

 

Follow us ♪♪ SOLMA  インスタグラム公式LINE

Follow us ♪♪Japanese Beauty Stylist協会インスタグラム

子宮とフェミニンケアが学べるオンライン講座レクチャー

●見逃さない〜月2回お届けイベントクラス情報・アロマや子宮の豆知識・限定オイル販売、キャンペーン情報 公式LINE にぜひご登録ください

●只今募集中のクラス・イベント・ワークショップはコチラ♪

●アロマの小冊子Amazon Kindleより販売中!
二十四節気七十二候 ジャパニーズ美アロマ: 季節のことばと 日本の一年アロマ
●神戸六甲の感覚アロマスクール・女性からだケアサロン・子宮インナービューティセラピスト養成スクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

 

記事一覧