大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

手しごと伝えWS・お正月かざり「福の亀」

養生アロマのテーマはJapanese Beauty。

手しごと伝えワークショップ

お正月かざり「福の亀つくり」のご案内

日本っていいところ。きっとこの時間で

あー日本人でよかったな、っと思うはず。

 

前回大好評だった"福の亀作り"。

今年も長野県から*くさかんむり*松田友恵さん、

をお迎えして福の亀作り、やります。

既に予約が埋まってきているので、ご予約はお早めにどうぞっ。

 

新しい元号になり初めての新年を迎えるにあたり、

改めて日本の恵まれた風土や

いにしえから伝えられた知恵に感謝し、

大切に向き合い育まれてきた素材を編み、撚り、結ぶ

 

*くさかんむり松田さんからメッセージ

ゆっくりと目の前にあるものからかたちづくられていく過程を愉しみ、

新しい年に想いを馳せ祈りの時間を皆さまと一緒にもてることをありがたくおもいます。

初めての方でも丁寧にお伝えいたしますので、この機会にどうぞお越しくださいませ。

 

日時:十二月六日(金曜日)

十二月七日(土曜日)

2日間のどちらかご都合のよい日で。

<午前からの部>

・10時~プラス1000円。藁の処理、麻紐を編んでいきます。

亀の大きさを大きくすることも可能です。

昼食は各自ご持参下さい。

 

<午後からの部>

・13時~

        麻紐の代わりに水引きを使います。

 

定員:5名

場所:六甲の家

お代:五千円(材料費込み)

        お茶とお菓子付き。

*亀のお腹に持たせる炭は別料金になります。必要な方のみ

         

持ち物:ハサミ.エプロンまたは汚れても良い服

伝え手:松田 友恵

信州で左官職人をやりつつ冬仕事として亀作りや野山の草、花、木などをいける「くさかんむり」として活動されています。

すべての仕事を祈りと共にを指針とされています。

 

素晴らしい素材の作り手さん達とのご縁により

年々進化していく福の亀。

今回の素材は

わら:

信州松本平にて、林業会社の柳沢林業さんにより、山だけでなく農も守り育てる素晴らしい女性社長のもと、人と合鴨達で大切に育てられた藁と稲穂

ひも:

栃木  足利にて作られた国産の精麻と茜染の精麻

南信州飯田市で作られた水引

すみ:

信州 松本で一人で山に入り仙人のように白炭を焼く原 伸介さんの信濃白炭

他ではなかなか手に入りにくい素材があつまっています。

麻や炭は古来より厄除けや場の浄化に使われます。

 

今年の初め、無心につくった「福の亀」。

日本の丁寧な素材がある空間はそれだけで心が鎮まりました。

手を動かしてつくるカメさん、愛おしくて結局お正月だけでなく

一年中サロンの玄関に飾っています。

全然ちがうんです!! いつもちょこっと見るたびに

家を守ってくれているんだなー、

という幸せな気持ちになります。

今年つくられた方はリピート、そして口コミで「私も今年は!」

という声を聞くのでピンと来た方はメッセージをくださいませ。

 

感性を磨く植物療法アロマセラピーの学校と、
子宮インナービューティセラピー認定スクール

ストーン・ハーブ・アロマ・・自然のちからを体感するサロン♪
神戸・感覚フィトアロマスクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

山の麓のサロン~ソルマ・ピエデルモンテはコチラ

ソルマのインスタinstagramはコチラ

ソルマのブログblogはコチラ

月2回お届けするLINE@にぜひご登録ください

記事一覧