大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

怒りを溜め込むと

こんばんは。最近「美子宮・更年期ケアアドバイザー」

とか「女性ホルモンライフアドバイザー」とか

「子宮ケアアドバイザー」とか

なんだかいろんな子宮のアドバイザーいらっしゃる

のに驚いています。

私たち子宮インナービューティーセラピスト

も上記と同じ、と思うのです。

実際に子宮のケアトリートメントの施術を

行うセラピストなので、

子宮、更年期、女性ホルモンなど様々な知識を

知らないわけにはいきませんから。

 

実際様々な角度から子宮に関することを認定コースでは

学び、お客様へのアドバイスに活用します。

 

この子宮ケアのセラピーは、

身体全体はSENというエネルギーラインで

つながっているから全体をみて

心身魂・ホリスティックに癒していきましょう、

というタイ伝統療法の考えに基づいています。

 

感情も数々の病気やトラブルに大きく影響しています。

感情は感じないように(無意識にでも)したり、

抑制したり、健在意識では忘れていても

消えたわけではないのです。

感情は本人がその存在に気がついて

「そんな風に感じていたんだ」

と認めて、その感情に

「もう大丈夫だよ。今までありがと。」

と解放するまで身体の中にずっと

居座っているのです。

無意識だとは思うけど、なんだか重苦しい自分とか

物事うまくいかない、とか

なんだかんだと病気が続く、とか

常に何かトラブルをかかえている、とか

もしかしたら10年、20年、30年、40年・・

ずっと何かの感情を持ち続けているかも、なのです。

 

特に怒り。

ソルマで学ぶ”火のエネルギー”ですね。

火は取り扱いが難しい。

ちょうどいい火加減って難しいのです。

何か変容したい時に弱火では爆発させられないで

消えてしまうから、もう少し強く!

うまく火のエネルギーを使って変化をおこし

前進させ、完全燃焼させるのはこの力。

でも強すぎると焼け焦げちゃう・・

 

うまく発散し、表現し、溜め込まないがポイント。

日本人はどちらかというと火が苦手、ですね。

 

怒り・・・憤り、苛立ち、恐れ、人を責める

の感情を長期間持ち続け、

なんならそこに重ねて重ねて積み上げていくと、

身体のレベルに症状として出てきます。

高血圧、炎症、副鼻腔炎、腫瘍、がん、

PMS、肺炎、背痛 など

 

それぞれの臓器に

ある種の怒りのエネルギーが溜まると

例えば「女性らしさを否定する」とか

だと卵巣とか子宮に現れてきやすいです。

 

もちろん、食事(栄養)や運動などが

ちゃんとしてるのがベースにあって、ですよー。

LINE@にもう少しアロマと感情について

書いてみますね。

 

感性を磨く植物療法アロマセラピーの学校と、
子宮インナービューティセラピー認定スクール

ストーン・ハーブ・アロマ・・自然のちからを体感するサロン♪
神戸・感覚フィトアロマスクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

山の麓のサロン~ソルマ・ピエデルモンテはコチラ

ソルマのインスタinstagramはコチラ

ソルマのブログblogはコチラ

月2回お届けするLINE@にぜひご登録ください

記事一覧