大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

子宮セラピー講師養成コース・続き〜受講生の想い〜

子宮インナービューティセラピーの講師養成コースのレポート

こちらから。

 

その続きですが、毎回生徒さんの想いや

ティーチャーになろう!

チェンマイへ行こう!

と思ったきっかけを伺うのですが、

それぞれお一人お一人の経験からくる

深い情熱を感じます。

今回も

 

Mさんは

20代のころから子宮内膜症になり、何年もの間

激痛に耐える中で処方されていたピルを飲み続けていました。

途中、痛みに耐え切れず手術をしましたが、

また1年後再発していました。

ピルを飲み続けて、より強いピルを処方されても

何も変わらないことに気がついた。

今まで子宮へ意識を向けているのがマイナスにしか

向けていなかったけど、この子宮セラピーに出会って、

子宮に愛を向けて女として生きていく、という自覚ができました。

今では子宮はとても元気になり、

毎日とてもワクワク楽しく前進しています。

一人でも多くのより良い施術を届けたい、

という想いでティーチャーコースに参加しました。

何もチェンマイまで行かなくても・・・・、と

言われたりしましたが、仲間とともに寝食をともにし、

かけがえのない経験という宝物ができました。

 

Aさん

子宮セラピーのセラピストになり、経験を積む中で

もっと子宮セラピーの知識や技術を深めたい、

と思ってチェンマイへ来ました。

お客様に施術をする中で、

このセラピーはすごいかもしれない!と実感することが

何度もあった。

子宮を大切にする、自分を大切にすることでキレイになれました。

 

 

Mさん

チェンマイ講師養成コースへの参加は2回目です。

前回はクラスについていくことだけで余裕もなかった。

講師になるには、1回参加しただけで十分だとは

思わなかった。もっと深く、別の角度からも・・・

そして先生たちからもっと沢山のことを吸収したい、

とともに過ごし、もっと吸収する必要が

ある、と1年前から考えていました。

熱い想いを聞かせてもらうと、

このセラピーはどれほど多くの人に影響を与える

のだろう、とドキドキします。

まだまだ知られていない「子宮インナービューティセラピー」

 

一人ずつティーチャーが巣立ち、

子宮ケアできるセラピストが増えて

女性としての生き方が好転する人が増えることを

願うばかりです。

引き続き見守っています〜♡

 

感性を磨く植物療法アロマセラピーの学校と、
子宮インナービューティセラピー認定スクール

ストーン・ハーブ・アロマ・・自然のちからを体感するサロン♪
神戸・感覚フィトアロマスクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

山の麓のサロン~ソルマ・ピエデルモンテはコチラ

ソルマのインスタinstagramはコチラ

ソルマのブログblogはコチラ

月2回お届けするLINE@にぜひご登録ください

ただいま募集中のクラス・イベント・ワークショップはコチラ

 

記事一覧