大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

子宮セラピーの理由

今月は「子宮インナービューティーセラピスト認定コース」

が開催され、新たな子宮ケアセラピストさんたちが

誕生していってます。

この週末技術チェックのお二人も練習中の様子っ。

 

 

この子宮のセラピー、タイ王国からやってきたもので

奥が深いけど

実はとてもシンプルで理にかなっているのです。

 

● 運動も特にしないし、無理な姿勢を続けてるし、

お腹のインナーマッスルはないし、・・・

ということは???

お腹の中はシーーンと静まり返って

お腹動いてない、ってことですよね。

→ということはお腹の中冷えてるってことです。

 

川の流れからちょっとそれた

水が溜まってるところ想像してみてーーー、

なんかモヤモヤと澱んでいて

川底ではなにか固まってきていて・・・・

そんな感じを容易に想像できますね。

お腹の中の血流を上げることで

お腹の中から温まり動き出す手伝いをします。

 

●日頃の生活習慣、環境ホルモン

(姿勢や食べているものや、受けてるストレスなど)

でも子宮には大きな負担がかかっています。

ゆがんだり、下垂したり

(インナーマッスルもないし支えられないですね)

重力もあって内臓全体が下方に溜まっている様子

かと容易に想像できますね。

 

タイのセンSENの理論。

子宮インナービューティーセラピーで、

身体中のエネルギーのラインSENの中の、

「子宮に関わる経絡のような」子宮SENの

エネルギーの滞りにアプローチします。

 

⬆︎インターネットよりお借りしました。SENです。

 

SENの流れも整えて、子宮を元の位置、

あるべき位置へと戻していくのです。

 

女性の様々なトラブルや症状は、

生活習慣により慢性的に冷えていることと、

流れを作り出す熱をもっていない、

熱を作り出せていない、

ストレスがかかっていて骨盤も歪み、

お腹の中もキューーっとリラックスできない。

そして、女性だけにあるこの臓器は

生命に関わる臓器を1番目としたら2番手になるため

女性はここにしわ寄せが来やすいのです。

 

子宮を本来あるべき位置に誘導し、

お腹の中が血流によって流れ出し

温かくなり、熱が生まれ、

固まっていたものが溶け出し、

エネルギーが復活したら、

私たちの身体は自分でよくなっていこうとする

力が働きだすのです。

それが自己治癒力。

そのスイッチを押す!!セラピーです。

⬆︎岡山のお友達子宮セラピストさん♡

 

そしてタイ式マッサージは、

脳内をアルファー波で満たし半覚半眠の状態にするのですが、

この子宮セラピーは神経の束があるお腹を

ゆっくりと指圧のような手技もあるので

自律神経がバランスされて

とーーーーってもリラックスするのです。

 

タイ式ではお腹から始まりお腹で終わる

といわれるほどお腹を重要視しています

この精神を安定させる鎮静作用も

大きな特徴のひとつです。

感性を磨く植物療法アロマセラピーの学校と、
子宮インナービューティセラピー認定スクール、
ストーン・ハーブ・アロマ・・自然のちからを体感するサロン♪
神戸・感覚フィトアロマスクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

山の麓のサロン~ソルマ・ピエデルモンテはコチラ

ソルマのブログblogはコチラ

月2回お届けするLINE@にぜひご登録ください

記事一覧