大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

喉を使わない?!ヴォイストレーニング

こんにちは!梅雨がはじまったのかしら・・・

一昨日の豪雨も激しかったけど今日の暑さもひとしお。

数日空いてしまいました、皆さまお元気ですか?

住吉川上流の山の上は少々涼しくホッとします。

 

先日は「丹田呼吸法」のワークショップを行いました。

喉を使わない、声帯を使わない発声って

どういうこと?!

と普段人前でお話をされるお仕事の方や、

通って響く声にしたいー、

喋っていても疲れないような発声がしたい、

心地よく聞こえる声にしたい、

という方々が大入り満員参加。

何かヒントを持ち帰ることができたら〜、

で始まりました。

 

どんな人も自分だけの美声を持っている

赤ちゃんの産声は力みがない(そういえば・・)

「力みがなく自然な素直な声」

というのがその人にとっての最高の声

なのです。

 

そして声の出る仕組み

声帯というものはどんなものなのか、

ベルカント唱法について

など教えてもらって、

じゃー実際に声を出してみました。

私たちの喉はまるでシンプルな縦笛のような

構造になっていて、お腹(丹田)から

お腹から筒の中へ息を吹き込むイメージ。

身体の真ん中に息の柱を立てるイメージ!

なんですって!

講師のご紹介をしている私っ。

どれほど呼吸が大切か、よーーーくわかりました。

息の柱を立てて、煙突にフーーーっと息を吹き込み

振動させて共鳴して音がでる、

という楽器と同じ要領なのです。

鳥の声も同じ。

でも私たちは長年喉も顎も顔も全部緊張させて

力を入れて全く違う声の出してきてるので、

そう簡単にはそれができないけど、

力を抜いてしっかり継続するといつの日か

空気が共鳴するような声を出すことができる!

何事も何事も継続すること、なんだと学びました。

神戸でヴォイトレをしてもらう予定。

ご興味あればぜひ一緒にいかがですか?

 

神戸・感覚フィトアロマスクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

山の麓のサロン~ソルマ・ピエデルモンテ はコチラ

ソルマのブログblogはコチラ

月1回お届けするLINE@にぜひご登録ください

SOLMA・LINE@

 

 

記事一覧