大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

丁寧に食べるために

とてもやさしいお皿と出逢った。

うちの食卓の仲間入りをすることになった。

堺クラフトフェア

灯しびとの集い

そこに焼き菓子とお弁当を出店するので、

と大好きな六甲のレストランmonte tableさんから

教えてもらい、

泊まりにきていたお友達と訪れました。

「日々を丁寧に暮らす」

中で、ずっと愛着が湧いてくるような

丁寧な手仕事の道具たちが作り手とともに

全国から集まっていました。

それぞれ揺るぎのない意志と

「自然」というものを確実に捉えて

かたちにしている作家さんたち。

器、というものも

生き物のようです。

丁寧に時間をかけてつくられたものは

そのものに表情がみえます。

⬆︎TatsumaSegawa

この作家さんも器についてこんな風に

言っています。

動植物たちのいのちをたしかに抱き留め、食卓といういのちの循環の場を、僅かでもうつくしいものに近づけるような働きをすることが、うつわという道具の芯である、と。

私たちが生きるために食す動植物のいのち

を器は抱きとめている・・・。

私がこの器を選んだ理由は、

私は、新しいものや、強いものというよりも、

澄んだものを紡ぎたい。

というこの人の軽やかさと、透明さを

器の中に感じたから、かもしれない。

こんな風に感じられるようになった

私もよい歳の重ね方ができていきている

のかもしれない(笑)。

その感覚をもてていることは

宝物をひとつふんわり持っているようなもの。

木の作家さんも

「木は成長するのに長い年月を要します。

その貴重な命を使わせていただく限りは、

暮らしのそばで長く愛してもらえる家具作りを

したい。・・」

と。

秋の公園の中、落ち葉がとっても綺麗。

アロマオイルも同じ、

貴重ないのち、無駄にしない・・・・。

そしてこれからは確実に感性の時代。

エッセンシャルオイルは

使いようによっては

貴女の感性を跳ね上げる!!

感性を磨く植物療法アロマセラピーの学校と、
子宮インナービューティセラピー認定スクール、
ストーン・ハーブ・アロマ・・自然のちからを体感するサロン♪
神戸・感覚フィトアロマスクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

山の麓のサロン~ソルマ・ピエデルモンテはコチラ

ソルマのブログblogはコチラ

月2回お届けするLINE@にぜひご登録ください

記事一覧