大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

タイ式セラピーはおなか?

タイ式のさまざまなセラピー、

タイで生まれ育まれたタイ式伝統療法。

「おなかで始まり、おなかで終わる」

といわれるほど、

おなかを重要な場所だと

考えています。

 

 

タイ式のSEN(セン)といわれるタイ式の経絡のような

エネルギーラインは 必ずお腹を通るのです。

おなかには臓器が沢山詰まってますね、

腸は心を作る

といわれます。

 

腹部のマッサージというもので「チネイザン」(氣内臓)

というのがあって、

お腹は生命エネルギーのセンターといわれていて、

脳と繋がっていて、怒りや悲しみなど感情が腹部の

コリのようになって、それが生命エネルギーのブロックに

なって体調トラブルになると考えられていてます。

 

おなかにアプローチして、感情のバランスを整えて、

生命エネルギーの滞りを取り除いていくです。

感情と内臓のデトックス!!

 

⬆︎なんだかかわいいチェンマイで学んだときのポスター

 

腸は第二の脳

といわれるほど、脳と同じように

精巧な自律神経回路を持って働いているので

おなかのマッサージは自律神経のバランスも

整えてくれています。

ーーなので、子宮セラピーの中でおなかのマッサージ

を20分ぐらいしているのですが、

みなさん必ずといっていいほど寝てらっしゃいます(笑)。

⬆︎チェンマイっ♪

 

おなかを動かすことはとーーーっても大切なことです。

腹式呼吸をしたり、腹筋(丹田)を鍛えるとか

がストレス解消やリラックスには一番!!!

だということですね。

感性を磨く植物療法アロマセラピーの学校と、
子宮インナービューティセラピー認定スクール、
ストーン・ハーブ・アロマ・・自然のちからを体感するサロン♪
神戸・感覚フィトアロマスクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

山の麓のサロン~ソルマ・ピエデルモンテはコチラ

ソルマのブログblogはコチラ

月2回お届けするLINE@にぜひご登録ください

記事一覧