大人の女性のためのフィトアロマセラピースクール SOLMA(ソルマ)

この季節、植物は何を感じてる?

こんにちは。16:30ごろからすっかり暗くなり、

冬がやってきたことを実感する今日このごろです。

こんな季節になると、自分が寒がりなので

草木をみると「つるつるてんで寒くないのかしら・・・」

いつもそんな風に思うのです。

何を感じているんだろう?

植物は何も感じない、と言われるけど

(もちろん人間が感じるようには感じないけども)

何か感じているハズ、生きているもの。

 

葉を落として寒そうだわー、と勝手に妄想しては

逆にもっと寒くなってる私です。

 

植物はもちろん今が冬だということを理解しているし、

温度も理解している??

 

自然界では植物がその日のいちばん最後に見るのが遠赤色光で、それが植物にとっての「スイッチオフ」という信号になる。

朝になると、赤色光を見て目覚める。〜赤色光を見てからどのくらいの時間が経ったのかを測り、それに合わせて成長を調整する。

 

日照時間をちゃんと測って、今は冬だな、とか感じているようです。

だから、日の長さが伸びることを感知して、

植物は季節が春になったこと知るのです。

 

私たちと受け取る器官が違うだけで、植物も人間も光を感知している

んです。

植物のほうが、私たち人間より周囲の環境の変化に敏感です。

光の方角や量、その時間、色を知っていないと生き残れないから。

 

人間の見える光は可視光線だけで電磁波も感知できるけれど、

植物はそれより短い波長も長い波長も認識するんですって。

〜引用 植物はそこまで知っている ダニエル・チャ・モヴィッツ著

なので、

植物のほうがヒトより世界を広く広範囲に見ているです!

 

カタチとして広い範囲のものが見えているわけではなくて、

光の信号を生長のためにさまざまに変換しては活用している、

というイメージですね。

 

そう考えると、寒いけどがんばる!と耐えているわけではなく、

今は代謝を下げて静かにしている時期、

という風に翻訳したほうがよさそうです。

 

Thank you & Love

 

●お申し込みはこちら 子宮とフェミニンケアレクチャー&サロン

お申し込み入会方法はこちらを見ながらどうぞ

●ただいま募集中のクラス・イベント・ワークショップは

コチラからどうぞ

●アロマの小冊子(電子書籍)Amazon Kindleより出版しました記念価格12月中はなんと!99円 よかったら♡

二十四節気七十二候 ジャパニーズ美アロマ: 季節のことばで奏でる 日本の一年アロマ

●子宮インナービューティセラピスト養成講座2020年1月開講:募集中

感性を磨く植物療法アロマセラピーの学校と、
ストーン・ハーブ・アロマ・・自然のちからを体感するサロン♪
神戸・感覚フィトアロマスクールSOLMA(ソルマ)はコチラ

山の麓のサロン~ソルマ・ピエデルモンテはコチラ

ソルマのインスタinstagramはコチラ

ソルマのブログblogはコチラ

月2回お届けするLINE@にぜひご登録ください

記事一覧